エリザベス女王杯はメイショウマンボ。オークス、秋華賞に続きG1、3勝目

エリザベス女王杯

1着 メイショウマンボ
2着 ラキシス
3着 アロマティコ

古馬のヴィルシーナ、3歳のメイショウマンボ、デニムアンドルビーの3頭の人気が接近する3強オッズになったエリザベス女王杯は、2番人気メイショウマンボが快勝。オークス、秋華賞に続き3つ目のG1タイトルを手にしました。

勝ったメイショウマンボは内枠からのスタートでしたが、道中は先行集団から少し間が開く形での追走となり、比較的楽に外へ出す事ができました。最終的には中団の追走から直線外を回してあっさりと突き抜けていますので、今回は完勝ですね。
1番人気になったのは新馬戦の1回だけという珍しい形のG1,3勝馬となりました。ジェンティルドンナがいますので牝馬のトップとは言えませんが、今年の牝馬路線のトップはここを制したことで間違いないですね。
今後、来年以降ですが牝馬としてはレース選びが難しくなりそうで、多少短い事はわかっていてもヴィクトリアマイルを目標にするしかないかなというところですね。
メイショウ軍団の牝馬といえば近年では京都大賞典を勝ったメイショウベルーガがいますが、あの馬のように阪神大賞典から天皇賞(春)みたいなローテーションも見てみたい気はします。

2着ラキシスは前目につけた位置取りや重馬場で時計がかかった事が良かった面もありますが、少ないキャリアでこの結果は立派ですね。
昨年も同じディープインパクト産駒で1000万勝ち直後のピクシープリンセスが3着していますが、その後は苦労しています。ラキシスは2着なので賞金面が変わりますが、このエリザベス女王杯2着を評価しすぎない方が良さそうな気はしますね。

3着アロマティコはやはり力はありますね。今回メイショウマンボには完敗ですが、ラキシスとは展開による位置取りの差でしょう。
鋭い末脚を生かす為にどうしても展開に左右される乗り方になってしまう馬ですが、まだチャンスはありそうです。

1番人気ながら10着のヴィルシーナは結果的には位置取りが良くなかったですね。4コーナーでも外からメイショウマンボに来られて苦しい回り方になってしまいました。
やはりこの馬は前々で踏ん張る形の方が良さそうです。元々なかなか勝ち切れない馬ですからこのあたりは難しいところですね。

府中牝馬Sは超スローの上がり勝負。ホエールキャプチャが制す

府中牝馬S

1着 ホエールキャプチャ
2着 ドナウブルー
3着 スイートサルサ

牝馬限定とはいえ良馬場の東京1800のG3で1000m通過が63.8の超スローペース。
直線向いてヨーイドンという展開で、逃げたコスモネモシン以外は32秒台の上がりと究極の瞬発力勝負でした。
後方に位置していた馬の出番はなく、好位で進めた数頭での勝負という形になりましたね。

勝ったホエールキャプチャは前走極悪馬場での札幌記念14着など昨年から大敗が多いのですが、ヴィクトリアマイルは1,2着と2年続けて好走している馬で、なかなか掴みどころの難しい馬ですね。
今回はかなり特殊な流れのレースとなりましたが、こういう極端な瞬発力勝負が向く馬かと言えばそうでもないので、やはりG1馬らしく力はあるという事でしょう。特に東京コースのマイル近辺には強く、まだまだ見限れないと考えておいた方が良さそうですね。
今後はエリザベス女王杯かマイルCSかになると思いますが、どちらもベストとは言えず難しい選択になりそうですね。

2着ドナウブルーはこの展開では一番いい位置にいたように思えましたが追い出してからの反応がイマイチでした。
この上がりでホエールキャプチャに一旦置かれる形になりながら最後また詰めたのは立派だと思いますが、前々で踏ん張る形の好走が多い馬ですし、ここまで極端なキレ勝負はちょっと厳しかったのかもしれません。

3着スイートサルサも位置取りがまず良かったですね。キレる脚は持っている馬ですから、この展開であの位置にいれば勝負にはなりますね。ドナウブルーに負けたのは力不足と言える部分かもしれません。
ただこの馬はまだ3歳ですし、この結果は収穫でしょう。来年のヴィクトリアマイルあたりでは有力馬の一頭になっているかもしれません。

4着以下の馬も後方から進めた馬が多いですし、この負けはさほど気にしなくていい感じですね。ハナズゴールはもう少し頑張ってほしかった気はしますが、この馬はマイル以下で期待した方がいいのかもしれません。
マイネイサベルやアロマティコは今回の着順は度外視でいいでしょう。十分走っていると見ていいと思います。